カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

貯穀害虫の種類と生態

虫対策の第一歩。まずは相手を知りましょう。
以下に、代表的な貯穀害虫を挙げます。

コクヌストモドキ餌:小麦粉や米粉などの穀類の粉など。
生態:春から秋にかけて年2〜4世代以上発生。
卵〜成虫まで約45〜100日。成虫寿命200日以上。
メスは生涯に500〜1000個の卵を産む。
ヒラタコクヌストモドキ餌:小麦粉や米粉などの穀類の粉など。
生態:年2〜4世代以上発生。
卵〜成虫まで約45〜60日。成虫寿命240〜300日。
メスは生涯に約450個の卵を産む。
コクゾウムシ餌:米、麦、トウモロコシなどの貯蔵穀物など。
生態:年3〜4世代発生。
卵〜成虫まで約30日。成虫寿命100〜200日。
メスは生涯に約200個の卵を産む。
ヒラタチャタテムシ餌:米ヌカ、穀類、穀粉、加工食品など。
生態:卵期間:年4回発生。
卵〜成虫までに35日。成虫寿命数ヶ月〜1年。
メスは生涯に約300個の卵を産む
ノシメマダラメイガ餌:米ヌカ、小麦粉、穀類など
生態:卵期間:年3〜4回発生。
卵〜成虫までに30〜70日。
成虫寿命7日、メスは生涯に約200個の卵を産む。

産卵数にご注目ください。
これが全部孵化するとしたら…と想像すると(ゾッ)、
虫対策がいかに大事か、ご理解いただけると思います。
嫌でも、面倒でも、大変でも(笑)、しっかり虫と向き合いましょう!

ページトップへ